RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Visual Philosophy Lesson

河合 政之
東京造形大学 2009年度「映像論」講義 
<< プロローグ 1 「映像について考えるために」 | main | レッスン 1 「言葉を失わせる映像」 >>
プロローグ 2 「なぜ visual philosophy か?」
0
    04.21.2009 講義レジュメ
    プロローグ 2

    「なぜ visual philosophy か?」




    まずそれを、基本的な3つの問いに分けて考えてみよう。

    A - なぜ、visual philosophy が必要なのか?

    B - まず、visual philosophy とは何か?

    C - そもそも、visual philosophy は存在するのか?可能なのか?




    A - なぜ、visual philosophy が必要なのか?

     私たちは、「視覚の時代」に生きている。視覚の時代は、メディアの時代である。TVや雑誌、広告、そしてインターネットなど、私たちは視覚を中心とした情報に囲まれて生活している。私たちは、さまざまなことを、視覚的な価値に基づいて判断し、行動している。店で商品を買うとき、パソコンを操作して仕事しているとき、TVを見たりや雑誌を読んで余暇を過ごしているとき、あるいは人間関係や恋愛のときでさえも。

     つまり見ることは、今日、私たちが生きることの大きな部分を占めている。

     ところで、哲学とは何か。簡単に言えば、生きることの意味や、有意義に生きる方法を追求するのが、哲学である。これは動物の中で、人間にだけできることである。人間は他の動物と違って、自分と世界との関係を考えながら、生きることができる。つまり哲学は、人間が人間らしくあるための、基本的なことなのだ。人間はつねに、生きることの意味を考えながら生きるから、人間なのである。哲学のない人生は、意味のない、空しいものであると言えるだろう。逆に言えば、哲学があれば、たとえ人生は空しいという結論に至ったとしても、その人生は、その意味が分かっただけ空しくはないと言うことができる。

     だが私たちは、現代社会の中で、ほとんど見ることによって生きているにもかかわらず、見ることの意味を考えたり、有意義に見ることを追究する哲学を、ほとんど持っていないのではないだろうか?私たちは日々、ただ空しく、そしてその空しさを知ることもなく、見ているばかりなのではないだろうか?

     実際、私たちに与えられる視覚的な情報は、そのほとんどが、むしろ空しく見るため、見ることの意味を失わせるためのものなのではないか?私たちは、見れば見るほど、見ることの意味を失うような経験をしているのではないだろうか?私たちのまわりには、私たちの感性や思考を鈍らせ、記憶を失わせ、行動を単純化するような、「消しゴムとしての映像」があふれている。つまり、「感じないため、考えないため、忘れるための映像」である。

     だが見ることは、本来そのようなものだろうか?私たちは映像を、むしろ、感じるため、考えるため、思い出すため、そしてさまざまに試行錯誤したり、行動したりするために、用いることができるのではないだろうか?そして見ることの意味を追求し、より深く世界を見るため、新しい世界を見つけるための映像というものが、あるべきではないだろうか?そのような「鉛筆としての映像」が、必要なのではないだろうか?



    B - まず、visual philosophy とは何か?

     では、visual philosophy ―見ることの哲学、見ることの思想ーとは何だろうか?

     今まで歴史の中で、哲学は主に、言葉によって、特に書物によって担われてきた。哲学は「読まれる」ものであり、そのためには特別な教養が必要とされてきた。だが哲学は、本来は人間にとって基本的なことである。哲学は、あらゆる人にとって必要であり、またすべての人に開かれているべきものなのではないか?

     一方、映像は、誰でもが見て、感じて、反応できるものである。どんなに「難しい」映像でも、少なくともその映像の「難しさ」を、視覚的に見て、それに反応することは誰にでも可能だ。映像は言葉のように壁がなく、万人に向けて開かれているものである。したがってそれは「言葉を超えて」、何かを伝えることができる。

     visual philosophy は、万人に開かれた映像の体験を、従来の「哲学的な言葉」の中に閉じ込めることではない。そのようなものは単に、従来の哲学を映像に「当てはめた」だけのものに過ぎない。

     visual philosophy は、そうではなくて、万人に開かれた映像による、新しい哲学を始めることである。



    C - そもそも、visual philosophy は存在するのか?可能なのか?

     私たちは、visual philosophy を新しく始めるのである。それは新しい試みである。

     visual philosophy は、まず二つの考え方が基本になっている。一つ目は、「この世界は映像である」という考え方である。この言葉は、私たちが生活することの大きな部分が、見ることで占められているということの、別の言い方である。だが同時にこの言葉は、私たちが、「メディアと情報の時代」として、見ることがとりわけ中心を占めた時代に生きているということを表してもいる。現代において生きることは、情報としての映像と関わることと切り離すことができない。そして私たちは、世界との関係を、主に映像によって結んでいるのではないだろうか。

     visual philosophy はこのように、「世界は映像である」という考え方を背景にしている。そしてこの背景の上に、二つ目の考え方が現れてくる。それは「見ることは考えることである」ということである。それは、誰もが無意識的に、自然におこなっている「見ること」を、新しい「考えること」としてとらえようとする言葉である。

     だが「見ること」を、新しい「考えること」にするためには、今までのような見ること、つまり「感じないため、考えないため、忘れるための見ること」のままではダメである。万人に開かれた「映像による哲学」は、「感じるため、考えるため、行動するための見ること」として、新しく作り出されていかなければならない

     だがそれはただ闇雲に新しく試みれば良い、というわけにはいかない。私たちは、現代の忙しい生活の中で、簡単な答えを求めてばかりいる。しかもそのような簡単な答えならば、社会やメディアが次々と与えてくれる。だがそのような簡単な答えは、むしろ考えることを鈍らせてしまう。そして表層ばかりを見て、深く見ることを遠ざけてしまうのだ。

      visual philosophy は、「世界は映像である」と「見ることは考えることである」という二つの考え方を基本にして、まず「深く見るために立ち止まること」から始められるだろう。立ち止まって、表層の向こうにあるものを見ること。それは、派手でわかりやすく簡単な答えを与えてはくれないかもしれないが、今まで見えていなかったものへの小さな気付きを与えてくれるだろう。visual philosophy は、その小さな気付きを積み重ねて行くことから始めなければならない。

     また、新しく visual philosophy を始めるためには、その導きとなる過去の哲学や、芸術や、映像が必要となる。そのような導きの糸は、決して多くはないが、幸いなことにいくつかは存在している。それと向き合うことは、決して易しくはないかもしれないが、じっくり取り組めば、きっと何かを教えてくれるだろう。そういった導きの糸の助けを借りながら、試行錯誤しつつ、visual philosophy は始められる。

     この世界をより深く、新しく見つけるために。
    | resume | 04:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://vplesson.ref-lab.com/trackback/837148